業務案内

「測量業務」

基準点測量

基準点測量とは、既知点に基づき、新点である基準点の位置を定める作業をいいます。 基準点のデータは国土地理院で保管されています。 地形測量、境界点測量、精度を必要とする点(準拠点等)の測量、精度を必要とする設計する場合の測量に使われます。

現地測量

平板測量は現地の現況(現地の地形、地物、構造物など)を平板で測量して現況図を作成します。最近ではトータルステーションとかGPS測量で現況を測定して、CADによって現況図を作成する方法が多くなりました。CADで作成すると修正が簡単で,図面の縮尺も自由に変えられ、そのうえその図面に色々な資料、計画を重ねることができます。

路線測量

路線測量は道路や河川、水路などを建設するための調査、計画実施設計などに用いられる測量をいいます。

用地測量

写真 用地測量は、土地の取得・売買等に必要な書類作成及び図面作成のための測量です。 用地測量では、測量地区を管轄する法務局等で調査した公図・既存測量図等をもとに、地番ごとの境界点を現地で確認し、測量することにより、地番ごとの面積を算出するとともに、必要な諸資料を作成します。

水準測量

写真 水準測量は、主に地点の標高又は高低差を求めることを目的とした測量です。  分類すると、直接水準測量、間接水準測量、渡海水準測量、地盤沈下測量などがあります

工事測量

写真 一般的に民間ゼネコン等の工事現場における基本的な測量があげられます。 現場によって作業内容は異なりますが、基準点の点検及び新点の設置、中心線の引照点設置、境界の復元測量などを行います。

開発許可申請

市街化区域、市街化調整区域において、主に建築物の建設のために区画形質の変更を伴う場合、測量して計画図面等を作成する業務です。